指導方針

指導方針について

国語という教科がすべての教科の土台であり、
ひいては、生きていく力の土台である。
そういった考えは、世の中にはすでに行き渡っています。
しかし、では、その国語をどうやって大事にしていくのか、国語のどんなところを磨いていくのか、どんな力を手に入れ、どんな人になっていくのか、そのような問いに、世の中が十分答えているとは言えません。
紫雲国語塾は、2002年に開校した、中学生・高校生を対象とした「国語塾」です。
国語という教科には、「勉強しても成績が上がらない」という思い込みが根強くあります。
「国語が苦手」「どう勉強すればいいかわからない」という声をお聞きし続ける中で、 「国語がわかる」「国語はおもしろい」という声を多くしようと、指導の質を追求し続けています。
そして、従来の国語指導とは異なる、国語の学力向上のための、革新的指導を行っています。
基本方針として、文章を読解する視点と技術に意識的になることを重視します。
そしてその上で、目的意識をもった読み方・解き方を確立していくことで、国語の成績を上げていきます。
ある意味では、国語力とはすなわちコミュニケーション力です。
たとえば、テストの問題で、出題者の設問の意味や意図を正しく受け取ることができていなければ、
正しい解答を導き出せるはずもありません。
また、記述の解答を書くにも、説明する力が十分でなければ、採点者に伝えることもできません。
とすれば、相手の発言を正しく受け取り、こちらが相手にわかるように発言する――、

実はこのことこそが、国語の本質ではないでしょうか。
文章の内容を理解することばかりを重く考えて、
設問そのもの、そして、問われている状況への注意力が、明らかに不足しているのです。

そして、この注意力こそが、国語の、そして全教科の成績向上への第一歩なのです。
そのような意味で、「国語は全教科の基礎」だと、私は思っています。
高校生
国語
「全教科の基礎」と呼ばれる割に、地方では英数偏重の学習が主体で国語は軽視されています。「勉強しにくい」 「やっても変わらない」と言われる国語を、「読み方」と「解き方」に意識的になり、文章を俯瞰的に見る視点を身につけます。出題者と対話できる次元に引き上げ、成績を向上させます。高3で「センター試験対策」 「二次記述対策」 「私大対策」の3系統に分かれます。
英語
学習時間が多い割に成績が伸びないのは、学習が知識の暗記だけで終わってしまうから、そしてその暗記も定着していないからです。語彙・文法・構造の知識と経験で「英文が訳せる」状態になり、そこから、文章の展開と段落構造を意識して「長文が読める」状態へ到達します。
小論文
 「作文」との違いを理解し、論理展開を身につけます。また、各ジャンルの一般知識を吸収し論文に反映させます。国公立二次試験、一般推薦、AO入試など、入試形式に合わせて指導します。
中学生
国語
本来大切な教科のはずなのに、他教科を優先して意識的に学習しない教科になってしまっている国語。
その成績を向上させるためには、まずは、「読む」 ことができるようになることです。丁寧に正確に読む訓練を積みながら、少しずつ、文章を全体として見る目を養っていきます。
高校入試へ向けて、設問の意味の理解、解答の発想法、そして記述解答の書き方をトレーニングします。
英語
苦手にしないために文法事項の理解と定着を中心としながら、つねに 「長文読解」 への視点を意識した指導をします。
高校英語につながる読み方、考え方の指導を心がけています。
小学生
「国語専科教室」での指導です。
「国語専科教室」は、『国語のできる子どもを育てる』(講談社現代新書)、『文書術』(中公新書)などの著者、工藤順一主宰の国語教室です。
直営教室として、東京本部教室(恵比寿)のほか、荻窪教室(東京都)、浦和教室(埼玉県)たまプラーザ教室(神奈川県)、芦屋教室(兵庫県)、提携教室として、高知教室(高知県)、大分教室・別府教室があります。
「読書」と「作文」を両輪として、五感で感じ、自分の語彙で説明する力、現実を説明できる力、生きる力としての国語の力を養います。
独自教材 『作文王』 を中心にしながら、4コマまんが、動画なども教材にして学びます。美術ワークショップなど、課外活動も行います。

紫雲国語塾 代表プロフィール

小 林 吉 樹 (こばやし よしき)
紫雲国語塾 代表
[出身] 1964年、長崎県生まれ
[経歴]
東京・世田谷、横浜、新潟を経て大分に。
24年間、一貫して学習塾の運営社員・講師として活躍。
国語学習の支援のために、教科を超えたカテゴリーとしての「国語」を追求している。
ごあいさつ
国語が大事だと言われる時代になりました。
しかし、国語は、以前から大事でした。そして、これからもずっと大事です。なぜなら、それは、私たちが毎日使う日本語の能力を育てるからです。「読む」「理解する」ことだけでなく、「伝える」「生み出す」ことへ向かっていきたいと考えています。

【大分校】  〒870-0021 大分県大分市府内町1-3-15 府内MCビル2・3F 受付/15:00~22:00

【別府校】  〒874-0909 大分県別府市田の湯町3-7 アライアンスタワーZ 3F 受付/17:00~22:00