国語を苦手にしないために

国語とは

入会について

「国語」とは、それを学ぶ場面によって、いくつかの側面に分かれると思われます。
したがって、そのそれぞれで、求められ、養われる力が異なります。
紫雲国語塾では、以下のように分けて考えています。

1.「学校国語」
  教科書の正しい「読み」に特化し、
  時間をかけてじっくり理解することができる力

2.「入試国語」
  正確で速い「読み」の力と、それに基づいて設問に正解できる力

3.「より理想的な国語」とは…
  「読み」「書き」どちらも重視され、自分で考え表現するために使うことのできる力。
  また、それに基づいて、新しいものを創造できる力。

「学校国語」と「入試国語」は、読解する能力を養うという点では重なり合う部分がありますが、最大の相違点は、本文を読解し設問に答える「速度」です。

また、「学校国語」も「入試国語」も、「より理想的な国語」には及びません。
その基礎をつくってはいますが、そこには、能動的に発信する力の養成がほとんどありません。

紫雲国語塾では、「入試国語」で求められる力を養成しながら、「より理想的な国語」を学ぶことを目指しています。

国語力が低くならないために

「国語は全教科の土台」。この言葉を口にする人が増えました。また、逆に、この言葉を疑う人は少ないはずです。日本語を使って生きていく以上、日本語を使う能力が、全教科どころか、全人生に影響を与えることは、間違いないことではないでしょうか。

しかし、国語は、つねに大事にされている、とは言えないのも事実です。

小学校のころは、「国語、算数、理科、社会」という言われ方の通り、国語は、全教科の中で、筆頭に挙げられる教科です。そして、その順序通りに、毎日の学習の中でも、国語は大切にされています。

しかし、それは実は、小学校が「読み書き能力」としての国語を担当しているからです。次々に出てくる新しい漢字を修得していかなければ、それこそ全教科に大きく影響するからです。

ところが、中学校になると、順序は「英数国理社」となり、国語は、主要3教科の中で最後尾に下がります。新しく登場する英語の学習に意識が行くのは当然かもしれませんが、英語もまた言語修得の教科であり、そこに力を入れるあまり、国語の学習量は、相対的に減少します。また、算数から「昇格」した数学も、学習内容が本格的になり、相応の学習量を要求してきます。そして、理科と社会も、それぞれ、「第1分野」「第2分野」、「地理」「歴史」「公民」と細分化され、それなりの分量と難しさを持つようになります。

そんな中で、明確な分野や単元を持たない国語は、「まあ、それほどやらなくても」「やってもやらなくても同じ」という認識になり、最低限の学習量も確保されなくなっていきます。何と言っても、とりあえず、日本語で読み書きはできるわけですから…。

したがって、国語は、入試対策のしにくい教科として、多くの進学塾で疎んじられてきましたし、今でもそうだろうと思います。

そして、高校です。誰もが文系と理系に分けられる中、そのどちらにも共通の必須教科として、英語が君臨します。また、国公立大学志望者にとって、理系ではもちろん、文系でも、数学は必須の教科として学習生活の中心に位置し、その理解と訓練に、膨大な時間が割かれます(「高校の数学は難しすぎる」という議論も出ています)。

つまり、「英数国」と「理社」というよりもむしろ、「英数」と「国理社」とも言うべき状況になり、結果、国語の学習の優先度は、さらに低くなるのです。

高校3年生の時点で、「国語が悪い。どうしよう」と動き出しても、長い年月をかけてないがしろにされてきた国語の力を取り戻すことはかなり困難です。

そのときにできるのは、過去の入試問題の研究と、それと向き合う訓練を通じて、ともかくも入試での得点力を向上させることだけです。そしてそれは、残念なことではありますが、人生全般で必要な、生きる力としての国語力では、もちろんありません。

私たちが日本語を使って生きていくということは、単に読み書きとして日本語を使う、ということではありません。考えるとき、話すとき、日本語を使っています。

「問題解決能力」という言葉をよく見聞きしますが、その根底にあるのも、この「日本語」で「考える」力です。いくら理系の人であっても、日本語をまったく使わず、数字と文字だけで思考する人はいません。私たちの思考を支えているのは、日本語の能力なのです。

ところが、日本では長い間、国語という教科が、思考のための訓練、という機能よりも、文学の鑑賞、そして、その感性の修得、といった意識が濃く、論理的思考の訓練や、それを文章にして提示する教育が不足しています。

たとえば、誰もが経験したことのある「読書感想文」で言えば、何十年もの間、「いい本を読ませる機会」としてだけとらえられ、「感想文」をどう書くのか、という指導はほとんどなされていません。親が代筆することも多く、すでに形骸化しているこの「読書感想文」が、それでも唯一の作文の機会である、という事実は、日本語の運用能力にたいする教育がほとんどなされていない、何よりのあらわれではないでしょうか。

2006年、ドイツで行われたサッカーW杯での日本代表の敗退では、選手間のコミュニケーションの欠如が、その一因として挙げられました。その結果、その後の選手育成では、「言語技術」が重視され、自発的なコミュニケーションを奨励する教育が行われています(『言語技術が日本のサッカーを変える』田嶋幸三・右写真)。

大学入試の場面でも、推薦入試が多様化し、「自己推薦書」「志望動機書」などの作成、提出はもちろん、面接の場での自己アピールや、上手な受け応えなど、日本語でのコミュニケーション能力が問われる機会が待っています。

そして、いわゆる「新テスト」(大学入学共通テスト)では、記述式の導入こそ見送られたものの、「考える力」「表現する力」は、今後さらに求められていきます。

そして、何よりも、多くの保護者の方が実感されているのは、たとえばご自身の勤務先での「国語力」の問題ではないでしょうか。確かに、言葉には、時代によって遷り変わりと流行はあります。しかし、だからこそ、異なる世代の人同士、異なる価値観を持つ人同士をつなぐ、共通言語の運用能力が重要なのです。先輩と後輩、上司の言葉と部下、取引先と自分をつなぐ言葉が、「国語力」なのです。

「国語力が低くならないために」。そのために、国語塾に来てください。そして、考える力、表現する力、適切なことばで適切なコミュニケーションができる能力を、養ってください。そのことの価値を疑わず、長い目でお子さんの国語力を向上させてください。

お問い合わせはこちら

入会のお問い合わせ、学習のご相談などお気軽にお電話ください。

PAGE TOP