合格体験記

合格体験記

2017年合格

大学受験

京都大学総合人間学部

(大分上野丘高校)

 僕がこの塾に入ったのは中学三年のときでした。その頃の僕は国語という科目を道徳心やフィーリングで解くものと考えていて成績はよいものではありませんでした。しかしこの塾に入り、国語とは文章に書かれていることだけに注意して忠実に解くものだと学び、論理記号や表現上の特徴などから解けるようになりました。そして大学受験を意識し始めたときには、国語では志望校特有の難しい記述問題に対応すべく、文章の筋を見抜く力や、言葉のニュアンスを感じとる力を授業で延ばすことができました。また英語も文章を正確に読む力、文章の流れを汲みとる力を養成できました。  この塾の熱心な指導のおかげで、第一志望校に合格できてとてもうれしかったです。

大学受験

一橋大学商学部

(大分上野丘高校)

 私は高校一年の時にこの塾に入塾しました。入塾する前までは、国語の成績が安定せず、それを国語という教科の一種の特性と考えていました。しかし、この塾に入塾した後は、その不安定さの原因が私自身の問題であるということが分かりました。特に現代文においては、客観的かつ論理的に解くことの大切さを学びました。先生方は自分の書いた解答を丁寧に分析して、どこが間違っているのかを教えてくれるので、解答のクセなどが分かり、入試本番のときも、自分のクセを意識したことで、より良い答案を書くことができました。この塾の授業はとても楽しく、自ら進んでべんきょうすることができました。また、幅広い教養も身につけることができ、本当にこの塾に入塾してよかったと思いました。

大学受験

熊本大学工学部

(大分舞鶴高校)

 私は中学校を卒業した頃、国語が一番苦手でした。高校で国語が足を引っ張るのが怖くて、インターネットで調べ、この塾に入りました。自分は理系でしたが、センター試験では全教科あるので、苦手教科から逃げることができず、とても苦労しました。苦手教科を克服する為に、自分の出来る所から確実にしようと思い、塾で行われる古文単語のテストに力を注ぎました。また助動詞をしっかり覚え、文法問題を落とさないようにしました。初めの頃は、学年でも悪い方でしたが、塾で演習をたくさん行っていくうちに成績も上がり、3年でセンター演習に入る頃には、毎回上位二十人に入っていました。塾で学んだ解き方を徹底的にすることで、安定した点を取ることが出来ました。塾に入ってよかったです。

お問い合わせはこちら

入会のお問い合わせ、学習のご相談などお気軽にお電話ください。

PAGE TOP