合格体験記

合格体験記

2016年合格

大学受験

鹿児島大学医学部医学科

(大分上野丘高校)

私は医学部に現役合格することができた。その理由は2つあると考えている。
一つは、規則正しい生活を心がけたことだ。毎朝五時に起きて勉強する。朝は静かで集中できた。
睡眠不足になり、頭が働からかなくなることが嫌だった。だから、少なくとも六時間の睡眠を確保した。
もう一つは、周囲のサポートだ。家族や友人は精神的にサポートしてくれた。合格応援グッズや栄養ドリンク、手紙などを 送ってくれた。入試当日もそれらをちゃんと持って行った。おかげで不安をなくすことができた。
小林先生は、学力面、精神面の両面で支えてくださった。模試で国語の成績が伸びず相談に行った時、 「大丈夫」と言って下さりホッとした。センター直前は毎日のように授業を受け、先生の解き方に近づけるよう意識した。
二次直前は、面接指導もして下さり、「素の自分で頑張れ」と声をかけてもらった。
たくさんの人に支えられていた。本当にありがとうございました。

大学受験

立教大学経済学部経済政策学科

(大分上野丘高校)

私は、紫雲国語塾に4年間お世話になりました。
当初は、国語力を身につけるためだけに通うつもりでしたが、国語以外の力を身につけることも出来たと今は思っています。
特に苦手だった古文を得意分野に変えてくれたのは、紫雲のリズミカルに覚える方法でした。
紫雲は、授業中以外でも、どの先生たちも気軽に質問したり、話をしたりすることができ、とても幸せな時間を過ごすことができました。そのおかげもあり、国語に対し、前向きな姿勢で取り組めるようになりました。
そして、特別授業として毎年行われる「湯布院合宿」やイベント「熱狂の日」にも、可能な時は参加しました。
ふだんの授業とはまったく異なり、コミュニケーション能力など、今後、必要とされる力を身につけることができました。
先生方や同級生の塾生に叱られたりもしましたが、国語力だけでなく、人間性も鍛えられました。
この場所で培ったことを大学で存分に発揮したいと思います。

大学受験

大分大学経済学部

(大分鶴崎高高校)

私は大分大学の経済学部に合格しました。私は国語がとても苦手だったので、紫雲国語塾に入ったのですが、 初めの方はあまり成績が上がりませんでした。
しかし、高校3年の終盤に、小林先生からいただいた個人的なアドバイスのあと、国語の成績が上がり始めて、 模試では80点くらいだったにもかかわらず、本番では、151点を取ることができました。
英語では、長野先生にいろいろな知識を教えていただけたおかげで、センターでは過去最高点を取りました。
塾の先生のアドバイスは、きくものだなと思いました。
塾のすべての先生方、いろいろなアドバイスをいただきありがとうございました。

お問い合わせはこちら

入会のお問い合わせ、学習のご相談などお気軽にお電話ください。

PAGE TOP